So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
エンジョイショッピングナウ♪5月11日更新完了 !
2018年7分袖テーラードジャケットを使用した
マネキン買いおススメ商品アップしました。

西国三十三ヵ所 第1番 和歌山県「那智山 青岸渡寺」 [西国33箇所]

補陀洛や 岸うつ波は三熊野の 那智のお山にひびく滝つせ
西国33カ所としてあらためて見ると、パンフレットでは、青岸渡寺の創建は、仏教伝来以前に仁徳天皇の時代にインドから熊野に漂着した裸形上人が、那智大滝で滝修行中、滝壷から八寸(約24cm)の観音像を感得し、草堂をむすんでこれを安置したのが始まりと伝えられている。

7世紀頃に大和国から生仏という僧が来、およそ3mの如意輪観音の木像を彫り、裸形上人が得た観音像を胸に納めて本尊として、正式に本堂が建立されたという。本尊を如意輪観音とすることから如意輪堂という名も付けらたとされる。
nachi04.jpg

青岸渡寺のご本尊は、如意輪観音で、すべての人々に財宝を与える仏様である。人々のあらゆる願いを叶えてくれるという。そんなありがたい観音様なので参拝客が多いのかな。

西国33ヵ所霊場の第一番札所となるのは少し後の花山上皇の時代である。
ここ那智で1000日の修行を終えた花山上皇が、西国33ケ所観音霊場巡礼の旅に出て、各地で歌を詠み、それが御詠歌のはじまりであるらしい。

1000日の滝篭りをされた花山法皇が988年に御幸され西国33ヶ所観音巡り1番札所として定めたとされる。いつも参詣者が多い。ここ青岸渡寺織田信長の焼き討ちにあい、それを豊臣秀吉1590年に再建した桃山様式の建築で、南紀最古の建築物として重要文化財に指定されている。鎌倉時代の重文・宝篋印塔(4.3m)や梵鐘がある。

境内へは、急な階段を上っていく。運動不足だと少し堪える距離と勾配である。麓の土産物売り場には杖がたくさん置かれており、自由に使えるが、貸し出す店は帰りの土産を買ってもらうのを待っている。

階段の中途で、那智大社と青岸渡寺と別れる。また上で一緒になるのだが、参詣道は、一応別々である。
ここは時間が許すなら、少し下の大門坂を登ってお参りするといい。熊野古道の中辺路ルートの最終コースでもある。800年ほどたった夫婦杉がすばらしい。

青岸渡寺
住所    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山8 

お泊りは此処からだと勝浦温泉が一番近いと思います!中でもホテル浦島は有名なホテルです。港から船で渡ることも出来ますが私達は車で行ってたので車で直接ホテルの駐車場まで行きました。
お風呂も7~8ヵ所有り温泉を満喫でき、おススメ出来る素晴らしい宿です。
ホテル外観全景
お部屋一例眺めのいい山上館和室太平洋が一望です。
宿自慢の有名な洞窟風呂の忘帰洞です
お料理一例



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

エンジョイショッピングナウ♪5月11日更新完了 !
2018年7分袖テーラードジャケットを使用した
マネキン買いおススメ商品アップしました。