So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
エンジョイショッピングナウ♪5月11日更新完了 !
2018年7分袖テーラードジャケットを使用した
マネキン買いおススメ商品アップしました。

西国三十三箇所第32番 滋賀県近江八幡市「繖山 観音正寺」 [西国33箇所]

三十三か所の難所の方に入る観音正寺行って来ましたさすがに難所の約440段の階段を上がってきました。観音正寺は、滋賀県近江八幡市安土町石寺にある仏教寺院で宗旨は天台宗系の単立、山号は繖山(きぬがささん)本尊は千手観音で西国三十三所第32番札所です。
32bankannonsyouji.jpg

琵琶湖の東岸、標高433メートルの繖山(きぬがさやま)の山頂近くに位置する。伝承によれば、605年、聖徳太子がこの地を訪れ、自刻の千手観音を祀ったのに始まるという。聖徳太子はこの地を訪れた際に出会った「人魚」の願いにより一寺を建立したという。

その人魚は、前世が漁師であり、殺生を業としていたために人魚に生まれ変わり苦しんでいたという。寺にはその人魚のミイラと称するものが伝えられていたが、1993年火災で焼失した。

観音正寺が位置する繖山には、室町時代以来近江国南半部を支配した佐々木六角氏の居城である観音寺城があり、寺は佐々木六角氏の庇護を得て栄えた。観音寺城は1568年、織田信長の軍勢に攻められて落城。数年後には佐々木六角氏所縁の観音正寺も焼き討ちに遭い、全焼した。再興されたのは1596年 ~ 1615年のことである。

観音正寺の本堂は1993年に失火で焼失した。交通の不便な山中にある寺院のため、消火活動もままならず、重要文化財に指定されていた本尊千手観音立像も焼失した。現在ある木造入母屋造の本堂は2004年に再建されたものである。

新たに造立された本尊千手観音坐像は仏師松本明慶の作。旧本尊が1メートル足らずの立像であったのに対し、像高3.56メートル、光背を含めた総高6.3メートルの巨大な坐像である。

像はインドから輸入した23トンもの白檀を素材に作られている。白檀は輸出禁制品であったが、観音正寺の住職が、20数回インドを訪れ、たび重なる交渉の後、特例措置として日本への輸出が認められたものであるという。
お泊りは滋賀県なら大津の雄琴温泉がおススメです。中でも少し高台にある雄山荘は眺めがよくおススメです。
ホテル外観全景正面玄関付近
お部屋一例和室
お風呂大浴場の露天風呂
お料理イメージ



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

エンジョイショッピングナウ♪5月11日更新完了 !
2018年7分袖テーラードジャケットを使用した
マネキン買いおススメ商品アップしました。